HOME 事業案内 セキュリティ製品 会社概要
   

 

簡単に既存設備に追加:
サイバー攻撃によるインフラの破壊、社会インフラの混乱は今や目前に迫った脅威であり、一部の国では、既に事件として発生しています。SCADAセキュリティはIT分野だけでは不十分であり、設備自体のサイバーセキュリティが必要です。しかし、このような設備は多種多様で、それを防御をする為には、それぞれの設備について深い知識がなければならないと考えられてきました。当システムは各設備の専門的な知識を不要化した全く新しい概念によるSCADAセキュリティのシステムです。

あらゆるプロトコルのSCADA機器に対応
SIGAは末端設備とPLC間の電気信号を監視します。設定も機械学習の為、専門的なSCADAの知識を必要としません。また、数千、数万種類あると言われるプロトコル(通信信号)や各メーカーのSCADA機器に関係なく設置できる為、制御システム毎に設定の知識を深める必要はありません。既存のシステムに修正を施す必要もなく、施設の安全性、信頼性を向上させ、簡単な設置で万全なセキュリティの実現が可能です。


設備の正常運転時の電気信号をSIGAが学習し、学習した信号波形と異なる場合に警報を発令します。
SIGA社について:
SIGA社は重要インフラ施設や産業プロセスで使われる産業用制御システム (ICS) やSCADAシステム用のサイバーセキュリティ・ソリューションを開発・販売しているイスラエル企業です。過去にイスラエル産業貿易労働省からの出資を受けており、下記のパートナーと密接に協力しています。



※本内容は改良のため予告なしに変更することがありますのでご了承ください。